シャンプーの種類 アミノ酸系シャンプー

シャンプーなんてメーカーが違うだけで、使えばどれも一緒でしょ?

あっこ悩む

ドラックストアに行くと、実にさまざまな種類のシャンプーが売られていますよね。「メーカーが違うだけで、使えばどれも一緒でしょ。」と思っていませんか?
いえいえ、そんな事はありません。シャンプーもその成分や髪や頭皮への効果によって、大まかに分けて4つの種類に分かれているのです。さぁ、あなたのシャンプーは一体どの種類に当てはまるでしょうか?

1、アルコール系

実は、ドラックストアに並んでいるシャンプーのほとんどが、アルコール系となっています。成分表示を見て頂き、「ラウレス」と「硫酸」という二つのワードが確認できたら間違いなくアルコール系です。
これらは、俗にいう石油系合成界面活性剤です。泡立ちが良いので洗っている分には気持ち良いのですが非常に刺激が強いので、逆に頭皮トラブルや髪の毛のパサつきを招いてしまうこともあります。
肌の弱い方は、このタイプのシャンプーは肌トラブルを起こしかねませんので、オススメできません。

 

2、アミノ酸系

肌の弱い方にオススメなのが、アミノ酸系のシャンプーです。「ラウロイルメチルアラニンNa」「ココイルグルタミン酸Na」と成分表示にあった場合は、アミノ酸系のシャンプーだと判断しましょう。
こちらは、低刺激なので何度シャンプーしても、髪の毛に負担がかかりにくいのが特徴です。ですが洗浄力がやや低めなので、頭皮が脂っぽい方はきちんと汚れを洗い流せずに、毛穴が詰まる可能性があるのでアミノ酸系のシャンプーは避けたほうがよろしいかと思います。

 

3、石鹸系

石鹸系と言うと、何となく肌に優しいイメージがありますが、石鹸系のシャンプーはそうでもありません。実は、皮脂を摂りすぎてしまう特徴があるのです。
ですから、髪のべたつきでお悩みの方は石鹸系のシャンプーが合うと思いますが、髪の毛のパサつきや枝毛などでお困りの場合は石鹸系のシャンプーを使ってしまうと、トラブル悪化につながってしまいかねません。
成分表示を見て頂き、「脂肪酸Na」「脂肪酸K」「石けん素」などと書いてる場合は、石鹸系のシャンプーになりますので、肌があまり強くない方にはオススメできません。

 

4、オーガニック系

上記の3つとは大きく違い、100%無農薬の植物が主成分となっているシャンプーです。ですから、肌の弱い方でも安心して使う事ができます。
「洗浄力」の点で言えばやや弱めですが「肌への刺激」と言う点では、今回ご紹介した4種類の中で、最も少ないでしょう。

 

以上、シャンプーを代表的な4つのタイプに分けてご紹介しました。あなたが、普段使っているシャンプーはどれに当てはまりましたか?
シャンプーを選ぶ際には、是非成分表示を確認なさってみてください!自分でも、「これは○○系シャンプーだ!」と簡単に分類できるはずです。
上記の項目を参考にして頂いて、ご自分の髪質に合ったシャンプーを使うことが一番です!