オーガニックシャンプー 役割

シャンプーの役割って何?

あなたは毎日お風呂に入ってシャンプーをしていると思います。新生児の時から、赤ちゃん用のシャンプーで髪の毛を洗いますし、物心がついた時には当たり前のこと過ぎて「何でシャンプーするのだろう?」なんて考える人もいないと思います。そこで、今回はあえて「シャンプーの役割」について考えてみようと思います。毎日何も考えずにシャンプーをしている方がほとんどだと思いますが、その役割を知っておくことで、もっと効果的な洗い方が出来るかもしれません。より美しく、健康な髪の毛を手に入れるためにシャンプーの役割について勉強してみましょう。

 

シャンプーは頭皮を洗うもの

シャンプー

シャンプーって「髪の毛」を洗うとお考えの方が多いと思うのですが、本来の役割は「頭皮」を洗う行為だという事を念頭に置いておきましょう。
あなたはシャンプーの液剤を付ける前に、髪の毛をお湯で洗い流しますよね?実は、髪の毛の汚れって、お湯で十分洗い流すだけで約70%が落ちてしまうのです。
でも、頭皮の汚れはお湯ではなかなか落ちません。頭皮には皮脂が多いので、水と油の仲が悪いように、皮脂がお湯をはじいてしまうのです。

 

そこで、頭皮の汚れを落とすのに活躍するのがシャンプーの液剤というわけです。
頭皮には、髪の毛が生えている毛穴があって、どうしてもそこに汚れや皮脂、はたまた雑菌までが入り込んでしまうのです。
「髪の毛の汚れはお湯で落ちるのだから、シャンプーなんていらない」とお湯だけで洗っていると、いつまでたっても頭皮の皮脂や汚れが落ちずに毛穴が詰まってしまいます。
すると、どんどん頭皮の状態が悪くなってしまうのです。

 

頭皮は髪の毛が育つための土台である

栄養

頭皮の状態を土と例えましょう。土の状態が良くなければ、美味しい作物は育ちません、綺麗な花も咲きません。
つまり、健康で丈夫な髪の毛が育たないということです。そのような頭皮の状態では、髪の毛が薄くなったり、ポロポロ抜け落ちたり、一本一本の髪の毛が細くなってしまいがちです。
ですから、健康な髪の毛でいたいのなら、健康な頭皮でいることを心がけてください。

 

頭皮は常に良い状態で

健康な髪の毛を保つには、シャンプーで頭皮を優しく洗って、常に良い状態にしておくことが必要なのです。
だからと言って、ゴシゴシと渾身の力を込めて洗うなんてやめてくださいね。基本的には、たっぷりの泡で頭皮をマッサージするイメージです。
肌が弱い人は、刺激の強いシャンプーで頭皮が赤くなったり痒くなってしまうこともありますので、科学的な成分で作られているものよりも、100%無農薬の植物で作られているオーガニックシャンプーをおすすめします。